オフィスに新たにコピー機を導入しようとお考えの企業のみなさま。
新品のコピー機って知っていますか?
安くないだろうというのはだいたい想像がつくでしょうが、相場としてはだいたい200万円前後もするんです!
一括で購入するにはとてもではありませんが高額ですよね。
ですので、気軽に買うことができる中古のコピー機なら導入しやすいと思います。
そのような企業もたくさんありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

もし中古コピー機についてより詳しく知りたいという方は、参考サイトとして『オフィスハードウェア エーワン』をご覧ください。
特にこちらの業者の中古コピー機は高品質のものが格安で購入できるということもあってとても評価が高いです。
コピー機だけをとっても
・中古モノクロ
・中古カラー
という風にカテゴリーを分けてくれているのでより検索が楽!

他に取り扱っている商品としては、
・新品コピー機
・中古印刷機、中古輪転機
・中古業務用ファックス
・業務用シュレッダー
・プリンター
・中古スキャナー
・中古プロッター
があり、どれも激安価格でしたよ。
時期によっては決算セールが行われていますので、さらに安く購入したいという方は定期的にサイトを確認してみることをおすすめします。

中古コピー機のことならこちらhttp://www.ohw.jp/がおすすめです!

名刺やチラシ、カタログ、書籍、そして教科書など、印刷物は私たちの身の回りにあふれています。
これらは印刷と言う方法で制作されます。
しかし最近は、インターネットの発展による電子書籍の普及や、書物離れなどから、印刷市場は大きく様変わりしているのではないでしょうか。
現在の印刷市場は、一昔前に比べると規模が縮小していると言われています。
では、どうして印刷市場の規模が縮小しているのでしょうか。
ここでは、印刷市場の規模が縮小している原因や理由について見てみたいと思います。

大きな原因として、インターネットの発展に伴うプリンターの普及が挙げられます。
オフィスはもちろん、一般のご家庭にもプリンターの設置は進んでおり、毎月のように新しい機能とデザインのプリンターが登場しています。
それにより、名刺や簡単なカタログ、同人誌などは誰でも手軽に制作することができるようになりました。

また、前述のように、電子書籍の普及も当該業界には大きな影響を及ぼしています。
同時に、雑誌の廃刊や新刊の発行が減少していることも、印刷市場の規模縮小に拍車をかけています。
しかし、印刷業界にも新しい波が押し寄せており、多くの印刷会社においては、従来の紙による印刷物とデジタル(電子)を融合させたビジネスモデルの構築に取り組んでいます。

印刷市場の将来は、紙による印刷物とデジタルとのコラボレーションで息を吹き返すのではないかと言われているようです。