太陽光発電システムを搭載している分譲マンションや一戸建て住宅が増えています。太陽光発電システムの設置場所やソーラーパネル、蓄電池の規模や種類の選び方で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

小電力向け電源や非常用電源蓄電システムに最適なオフグリッド太陽光発電システムがあるのをご存知でしょうか。太陽光パネル1枚から設置可能なオフグリッド(独立型)太陽光発電システムなら、スペースがなくても大丈夫です。

照明やテレビ、パソコンなどの電源システムや発電容量2kW の大型システムまでライナップが豊富です。DIY感覚で設置できるオフグリッド太陽光発電システムもあります。

自宅の屋根や庭などにオフグリッド(独立型)太陽光発電システムを設置したい方は、ネクストエナジー&リソース株式会社の「オフグリッドソーラー(太陽光発電の架台のWebサイト)」を参考にしましょう。施工場所やニーズに合ったモジュール取付架台を選べば屋根上設置や地上設置が可能になります。

ネクストエナジー&リソース株式会社は産業用太陽光発電にも豊富な設置実績と経験があるので最適なプランを提案してもらえます。陽電池モジュール、パワーコンディショナー、架台などの各種部材・機器の品揃えが豊富ですから遊休地などの活用を検討中の方も気軽に相談してみましょう。

名刺やチラシ、カタログ、書籍、そして教科書など、印刷物は私たちの身の回りにあふれています。
これらは印刷と言う方法で制作されます。
しかし最近は、インターネットの発展による電子書籍の普及や、書物離れなどから、印刷市場は大きく様変わりしているのではないでしょうか。
現在の印刷市場は、一昔前に比べると規模が縮小していると言われています。
では、どうして印刷市場の規模が縮小しているのでしょうか。
ここでは、印刷市場の規模が縮小している原因や理由について見てみたいと思います。

大きな原因として、インターネットの発展に伴うプリンターの普及が挙げられます。
オフィスはもちろん、一般のご家庭にもプリンターの設置は進んでおり、毎月のように新しい機能とデザインのプリンターが登場しています。
それにより、名刺や簡単なカタログ、同人誌などは誰でも手軽に制作することができるようになりました。

また、前述のように、電子書籍の普及も当該業界には大きな影響を及ぼしています。
同時に、雑誌の廃刊や新刊の発行が減少していることも、印刷市場の規模縮小に拍車をかけています。
しかし、印刷業界にも新しい波が押し寄せており、多くの印刷会社においては、従来の紙による印刷物とデジタル(電子)を融合させたビジネスモデルの構築に取り組んでいます。

印刷市場の将来は、紙による印刷物とデジタルとのコラボレーションで息を吹き返すのではないかと言われているようです。